usagi-company-lab’s blog

我が家の不登校日記です。最近は教育と社会問題に興味があります。どうぞよろしくおねがいします♪

入学式🌸 Aパターン? Bパターン?/自分のメンタルのコントロールの仕方。

こんにちは!
うさカンです😊

前回の記事では、娘と入学式前の準備として病院に行ったことを書きました。

usagi-company-lab.hatenablog.com


アドバイスを2ついただき、実行しました。

この病院の件で、私の考えがかなり動きました。
今回はそのことから書いていきます。

実は私の長女も、心因性頻尿になったことがあります。
その時は、そういう名前も知らず、膀胱炎かと思って、夜間だったので救急外来にかかりました。

そして翌日に専門外来の小児科で、初めて心因性だろうって診断されました。
その時、長女はちょっとしたことでプレッシャーがかかってしまい、不安が頻尿という形に表れたようでした。
その時に、いただいたお薬がありました。
私はそのお薬が効いて、あまり長引かずに治ったんじゃないかと思っています。
それは、精神の薬ではなく、直接 尿の回数を減らしたりする目的のお薬です。

だから、今回の次女の件でも、まずは尿の回数を減らして自信をつけて、もう大丈夫だねってしたかったのです。

でも、その薬は出ませんでした。

もしかしたら年齢的にまだ飲めない薬だったのかも?
よく分かりませんが。

それで私はどうしようか考えに考えた末、
結局、なるようになるしかないな~って思いました。

とりあえず、上のアドバイスを実行して、
当日は赤ちゃん用の尿もれパッドを当てて。

本人は相当不安そうだったけど、なんとか出発しました。

私としては、
もう対処のしようもないから、パンツ一式を持っていき、登校中に漏らしても、式中に漏らしても、しょうがない。
そうなると恥ずかしくて、そのあと行けなくなるかもって思っていたけど、そうなったらその時に考えよう、そうなったら機能検査をすればいいし。

そんな風に考えました。

それは前向きな考えというよりは、ある意味開き直りです😅

*****

それから、学校に対して、事前に何かするべきか…

それもいろいろ考えていました。
一応情報を伝えておくとか、下見に行くとか。

いろんな方法があるし、けっこういろんな人に勧められた方法がありました。

だけど、結局はなんにもしませんでした。
私が、考えるだけで めんどくさくなっちゃって💦💦

娘の性格などは、入学してから伝えよう。
この先一年間もあるんだし。
同じことを話しても、心底理解してくださる先生と、いくら話しても分かってくれない先生といる。

そういうのって、人間として良い悪いではなくて、ほんと相性だと思うんです。

だから、相性が良ければ、うまくいくこともあるし、どんなに事前準備してもうまくいかないこともある。
入学してからも、いろいろあるでしょう。

そう思ったら、
ぶつけ本番でいいや!って思ってしまいました😄

*****

長女の時は、長女の敏感な気質は知っていたけど、学校生活が初めてだったから、前もって相談するってことが思いつきませんでした。

それでも入学してからは、本当にイキイキと楽しんでいて、
「小学校デビュー?✨」
って感じでした。
先生やお友達との相性がよかったんだと思います。

HSC (ひといちばい敏感な子)だからって、学校につまずくとは限らないって、私たちは体験しました。

だから、次女も、何もしなくてもうまくいく可能性があります。

そしてもう1つ、
幼稚園の先生からの情報交換で、半年間幼稚園に行けなかったことが、事前情報として伝わっていると教えてくれたのです。

小学校は長女もお世話になった学校だから、次女も私も知っている場所や先生もいらっしゃるし、きっと次女の情報も伝わっている。

まあ、それならば、ぶつけ本番でもいっか。

逆に考えすぎると、何をどのタイミングでしたらよいか (電話?面談?) 分からなくなってきちゃった😄💦

という訳で、入学式前は、薬局に行った以外は、なるべく一緒に過ごしていました。

*****

入学式の当日、娘はトイレの不安を抱えたまま、
私は久しぶりのパンプスで往復歩けるか心配したまま😁スタートしました。

途中で案の定「トイレ❗」ってなって、
最寄りにあったパチンコ屋のトイレを借りて。
(ランドセル&正装でパチンコ屋😱)

一度トイレに寄っただけで、なんとか学校に着きました。

めっちゃ固まってたけど、
長女の時にお世話になった先生が声かけてくださり…
なんとか漏らさずに乗り越えることが出来ました。

かなりギリギリまで我慢してる感じだったけど、それが自信となって、来週からは吹っ飛んでくれるといいなあ。

*****

以上、我が家の入学式でした。

いっぱい読んでいただいて、ありがとうございました。

入学式前に心配なことがあると、
親はどうしようかと悩むと思います。

Aパターン? Bパターン?
方法はいろいろあると思います。

これは私の考え方ですが、
親はどちらを選んでも、後悔しなくていいと思います。
ああしとけばよかったって思うかもしれないけど、もし違うパターンをやっていたとしても、メリット、デメリットはあると思う。

周りは結果を見てから、
「ああすればよかったのに、こうすればよかったのに」って言うからズルいよね?

お母さんがこうすれば、確実にこうなります、なんて人生はないと思うな。
親子の性格やタイミングで、また周りの環境要因で、どうなるか…だから。

だから、どちらを選んでもいいと思います。

どちらを選んでも、出来る時は出来るし、無理な時は無理だし。
子供の意思とか、「楽しい & 安心」って思えるかどうか。

でも、自分が「こうしてあげたい!」って思うことを我慢しないような準備ができたらいいかな~?

親も子も、自分で人生のやり方を決めるしかないですよね。それしか納得はできないと思います。

もしかしたら、どうなるのかは神様がもう決めている運命なのかも。

入学式行けても、あとはどうなるか分からないし、入学式に行けなかった子が、あとから毎日登校になる可能性もあるし。

分からないですよね~?


私の考え方は、
「物事は、なるべくしてなる」

こんな風に書くと、人生諦めてるみたいだけど😅

そうではなくて、
自分のメンタルをコントロールする為に、最近の私はそういう風に考えるようになりました。

もちろん、賛否あると思います。

あなたの考え方は、どんな感じですか?

あなたなりのお子さんへのサポートで、春を乗りきっていきましょう~☺

うちも、まだまだトイレが近いので…

どうなることやら??
です。