usagi-company-lab’s blog

うさぎさんのいる生活、HSCの子育てや日常について綴っています。どうぞよろしくお願いいたします。

子宮筋腫、私の「そもそも」

こんにちは☺
うさカンです。

体じゅうの痛みは、ほぼなくなったのに、なかなか思うように動けません。

体力が落ちちゃったのかなー。

この暑さだから、今は何事も無理は禁物ですね。

立ちっぱなしが とにかく辛くて、すぐ横になってしまいます😢

だんだん元気になるのかなあ…

*****

最初に子宮筋腫と分かった時のことを書いておきます。

女性特有の病気なので、生々しい表現があるかと思いますが、ありのままに書きたいと思います。

はじめて変だな?って思ったのは、今から3年前。
生理と生理の間の時期に不正出血があった時でした。
それまでも、子宮だか、卵巣だか分からないけど、激痛になることがあったので、気になって婦人科に行ってみました。

すると、子宮筋腫と卵巣腫瘍があることが分かって、MRIに回されました。

「一応、ガンじゃないか確認しておきましょう」

この言葉が重く響いて、
若くしてガンになると進行も早いし、あっという間に死んでしまうかも…

そんなことを考えました。

当時は、長女がドクターストップで不登校になりたて、次女は幼稚園に入ったばかり。

でも、不思議と子供たちに対する不安はありませんでした。
長女はかなりの具合の悪さだったし、次女はまだ小さかったけど、何故か、この子たちは、しっかり生きていくような気がしていました。

出来れば成人するまで見ていたいけど、でも私がいなくても立ち直れると信じていました。

結局、検査をして、結果を聞きに行ったら、

卵巣腫瘍は生理と一緒に流れてなくなっている、
(そういうことも あるんだそう)
子宮筋腫はガンではなく、まだ小さいから経過観察で大丈夫。半年ごとに検査受けてくださいね、で終わりました。

ホッとしました。

そのあと、少しずつ月経の量が増えていったのですが、自分としては全く分かりませんでした。

ちょっとずつ増えたはずだけど、気付いたら月経過多だったみたい。
困ったなあ困ったなあとは思っていたけど、それが異常とは全然認識出来ませんでした。

他人と比べることもないし、本当に分かりませんでした。

でも、振り返ってみれば、昨夏から幼稚園の付き添いの時には本当に困っていたし、夜中までドボドボ出てくる感じは、異常でしたね。

*****

私はずっと子供たちが学校や幼稚園に行けなくなってから、自分のことは後回しになっていました。

学校や幼稚園との面談や送り迎え、病院のたらい回しで、どうしても時間がないし、子供たちを預けることも難しくて。

だから、頭痛やだるさ、眠気、などの症状は、自分の精神的な疲労だと思っていました。

自分が鬱病になったら大変!と思って、小さな気分転換を重ねて、なんとか過ごしていたけど、まさか体の病気とは思っていませんでした。

だから、社会からの母親としての要求が、ものすごい重たいものに感じていました。

どこまで頑張れば、社会は認めてくれるんだろう…と思って、悲観していたことも。

でも、実はそれは過度な要求ではなく、簡単なことを求められても、私の体、体力が限界で辛かったんですね😣

結局、私は自分が気を失うまで、放置しちゃった訳です。

*****

子供たちが楽しい人生を送っているか、居場所があるか、頼れる病院があるか、

こういう問題は、母親の健康管理にもつながると実感しています。

結局、最初の子宮筋腫発見から、定期的に検診を受けていませんでした。

健康診断は受けていたから、それで大丈夫だと思っていました。
健康診断では、子宮がん検診はあるけど、子宮筋腫の検診はなかったことに、あとから気付いた私😓

健康診断で何度も貧血と診断されて、要受診と言われていたのに、病院に行かなかった私。

きっと、子供たちが学校と幼稚園でいない時間があったら(自分の自由になる時間があったら)、病院に行っていたでしょうね。

そういう意味でも、子供の生活ってとっても大事に守られて欲しいですね。
せめて幼稚園や学校に行けなくても、何かサポートが欲しい❗

*****

ちなみに、藤沢市では、

ファミリーサポートセンターという預ける仕組みがあります。

でも、私は以下の理由で、使おうとは思っていません。

① 原則として、預かる側の家に預けること

② 一時間700円とか900円かかること (二人目半額)


私の場合は、子供たちの面談や病院などに忙しかったので、その役割は親じゃないと、誰かに変わってもらえない仕事だと思います。

子供の学校への送迎だけなら、お願いできるかもしれませんが、子供たちとの信頼関係をまず築く必要があるし、毎回この金額は支払えません、我が家は。

以上の理由で、我が家がこのサポートを使うのは難しいかな~と思っています。

*****

でも、とにかくとにかく、お母さんの健康は大切です。
何事も手遅れになることがないように、と思い、本日の記事を書きました。

小さな不調でも、とりあえず病院に行っておくのが安心ですね😊