usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

Eテレの番組宣伝について

こんにちは。
うさカンです。

今朝、次女がEテレを見ていた時、
不登校の番組の宣伝が番組の間に入りました。

今日は8月31日なので、とにかく自殺を防ぐために刺激の強い言葉が出てくるんだと思います。

でも、朝の9時、子供番組の間に、

「学校に行くと死にたくなる」というような言葉だけを切り取って宣伝するのは、どうなんだろう…

必要な人に見て欲しい番組ではあるけれど、
うちの子のような人がみると、影響が強すぎると思います。

娘は、地域の学校に行きたいと思って、これから頑張ろうと思っているところ。

そこに、「学校は死ぬほど怖い」という先入観が入ってしまうのは、とても嫌な気持ちになってしまいました。

大人なら、
そういう子もいるよね、とか、
自分の学校は楽しいかもしれない、とか、
いろんな判断もできるかもしれないけど、

子供は情報を選択できないと、逆に怖くなってしまうこともあるかもしれません。

私はそういう刺激が強そうな番組は録画したりしているので、子供がいるとなかなか見る暇がないのですが😓

午前中や昼間から、あまり深刻なテレビっていうのは…
小さい子供たちに配慮して欲しいな~と思いました。
新聞やネットなど、頑張って伝えて欲しい媒体はありますが。

もちろん、テレビ番組でこういうことを扱い、制作してもらうことは、とても意味のあることだと思います。

ただ、放送時間や宣伝の仕方には、少し配慮して欲しいな~と思い、ビックリしてしまいました。