usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

久しぶりに読みました。~まんがでわかる自律神経の整え方

こんにちは。
うさカンです。

久しぶりにこちらの本を読みました。
随分前に購入して、娘の部屋に置いてありました。

自律神経を整えるには、どうしたらいいんだっけ?って思って、手に取り、読み進めてびっくり❗

昔読んだ本なのに、すっかり忘れていることばかりでした。


*****

この本で教えてくれること、いろいろあるのですが、私が今回発見したのは、キーワード「ゆっくり」についてでした。

ゆっくりってその場にいる人に伝わるんだそうです。
イライラがイライラを呼ぶように。

我が家には、とてものんびりさんがいます。
夫です!

私がどんなに、せかせかと焦っていても、夫はいつもマイペースに見えます。
私が泣きながら相談しても、
まあまあ、とか、うーん、とか。

何も答えが出ないんだけど、
だからこそ、煮詰まって深刻に考えてる自分に気づいて、
まいっか。と思えるのです。

これが、お互いに深く悩んでしまったら、
自律神経がお互いに乱れまくりなんだな~と思いました。

夫婦の形っていろいろあるけど、
私には、夫くらいの のんびりさんが、ちょうどいいみたい。
夫を見てると、私も肩の力を抜こうって思えるんです。


*****

ここのところ考えていたこと。

長女の服薬拒否と病院拒否についてです。

どうしても拒否するなら、入院させちゃおうか、とか、何も買ってあげないよ、とか、

何を言えば言うこと聞いてくれるのか、ずっと考えていました。

これまでの経過を見ると、
薬の味とか副作用で拒否している感じじゃない、とだんだん分かってきました。
ただの反抗期ともちがう。

私は医療を拒否する娘を見ていると、
セルフネグレクトみたいに思えてきて、
とてもとても悲しくなってきました。

もっと自分の体を大切にして欲しい。

それには、脅しても意味ないんじゃないか。

そう思いました。

*****

今夜は、やっと娘と話をすることができました。

私は、喘息は命に関わることで、台風被害の方よりも多くの死者が年間出ているのよ、だから、お薬だけは飲んで欲しいよ、と伝えました。

そして、私は、自分が不安なことや、渇を入れられたこと、母にいっぱい話を聞いてもらったことなど、自分のことや今の経過をいろいろ話しました。

娘が小学校の時に経験したことは、誰がきいてもひどいと言うし、実際に大人の私が体験したとしても、怖いと思う。
だから、それを無理にがまんして、動かなくていいよ、と伝えました。
私はただ、娘が元気になってくれたらそれでよくて、学校や将来のことなんて、今は考えなくていいと思っています。

きっと体が少しずつ元気になってきたら、こうしてみたい、ああしてみたい、という気持ちが出てくるはずだし、不安が少なくなってきたら動けるはず。

だから、とりあえず体が元気になることだけ考えよう。

娘にはレジリエンス(治ろうとする力)があるはずで、精神的なことでそれを放棄しないで欲しい。

大丈夫だよ、きっと出来る。

とにかく周りの助けようと思ってくれる人をうまく使って、自分がどんな人生にしたいか、ゆっくり考えればいいじゃない。

だから、お医者さんもお薬もうまく利用して欲しいです。


そんな風に話しました。


*****

このような話は、もう何度もしてきたのですが、やっぱり受験を前にして、焦りとか不安があったのだと思います。

だけど、トラウマを抱えたまま、進めるのはやっぱり怖いし難しいと思います。いろいろ思い出しちゃうこともあるでしょう。

だから、ゆっくりゆっくりと伝えました。

トラウマはトラウマとして、共感しつつ、
でも、いつか乗り越えられるよ、私が覚悟を決めたように、娘も自分で覚悟を決める時がくるでしょう。

自分の人生を楽しもうと思う覚悟も、いつか必要になることでしょう。

そんな日が来るのが楽しみだなって、
私もまた、そういう風に考えられるようになりました。

全ては、娘が薬を飲んでいるからです。
咳が落ち着いているから、私の心もまた落ち着いてきました😊

ほんとうにほんとうに、健康は第一です!!


こうやって、出来る限りの共感の気持ちを娘に伝えてみたら、私の胸の痛みが取れました。
本当に痛かったんです。

娘にも、誰でもいいから、おもいっきり胸のうちを話してごらん、すっきり元気になれるよ、と伝えました。私でよかったら、全て受け止めるから遠慮しないで。

さて、今後どうなるでしょうか。
娘は薬を拒否しなくなるでしょうか?

私は専門家ではないので分かりません。

でも、脅すよりは効果があるのではないか、と思っています。