usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

そうきたか~!と思って過ごすと

こんにちは☺
うさカンです。

ここのところ、次女の学校のことで、面談が続いています。

そこで初めて言われたのが、
「お母さん大変ですね~」という寄り添う言葉。

時代の変化を感じます。
5年前には、
お母さんが甘やかすから、とか、
お母さんがしっかりしないと、

というニュアンスだったのが、

今は全然違う❗

今回 初めて、あぁ 私は大変だったんだな、と
思いました。

もっと大変な方もいると思うと、自分が大変なんて思っちゃいけないんだ…なんて頑張ってきたけれど、なんだか ありのままの自分を認められた気分です。

まあ、大変だった時期はとっくに過ぎて、今は
「出来ることを着実にやりたい」というスタンスなので、苦しくありません。

でも、最初の頃は、目の前の子供の具合悪さと、病院や学校に挟まれて、それはそれは どうしていいのか悩む日々でした。


*****

さて、最初の頃から悩んでばかりいた私、
カウンセラーさんには かなりお世話になってきました。
合計7人かな?

その時期その時期で担当の方がかわり、親の担当、子供の担当などもあって、こんなに沢山の方と関わることになってきました。

いろんな方がいらっしゃいました。

今回の面談で、カウンセラーさんとか、担任の先生とかにお話したことは、

私はいつも大変な時に、

「そうきたか~!」

と思っているということです。

例えば子供のことで、母親の思う通りには動かない時、
「もう嫌だ~」と思うとぐったり (またはイライラ)しちゃうけど、子供は私の思う通りに動く訳がない❗私とは違う人間だからしょうがない!!

そんな時には、

「そうきたか~!」

と思うだけで、少し心の負担が軽くなります。

子供の出方を楽しむ、まではいかないけど、
でも、予想外のことに対応する心構えとしては、けっこういいと思います。

何事も深刻になりすぎず、考えこむ時間があったら次の策を考えよう、ゲームのように楽しんじゃえ!


これが私の心を守る作戦だったのかもしれません。

私にとっては魔法の言葉で、
対子供ではなくても、あらゆる場面で使えます。

くじけそうになった時、
もうダメだと思った時、

ちょっと一呼吸置いてみて、

「そうきたか~!」

と思ってみてください。

あちゃー😣と一度沈むかもしれないけれど、

もしかしたら、深く落ち込む前に何かよい思い付きが出てくるかもしれません😊