usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

マイクラに負けそうになった朝

こんにちは😃
うさカンです❗

明日から夏休み🎵

っつっても、夏休みは何したらいいんだろね~!?


今朝は、娘が少人数の学校に(短時間だけ) 行くと決めたので、先方に連絡してありました。

私は小学校への行き渋りを何度も経験してるから、行けるのだろうかと内心ハラハラ…

不登校ママなら、あるある ですよね。

でも、この少人数の学校は、朝ダメだったら、連絡しても何も嫌なことは言われない、とわかっているので、とりあえず挑戦だけしてみようと思いました。


*****

朝、目覚めた娘は、

まだ眠い~と言っていました。

でも、自分で起きてきました。本当に嫌な時はなかなか起きないから、第一関門突破です。

行くまでに時間があるので、早速マイクラをはじめました。
昨日の夜から、なにやら難しいものに挑戦してたので、続きをやろうというわけです。

ところが難しすぎて、うまくいかなくて、朝からギャアギャア騒いでいました。
お姉ちゃんにウルサイと怒られても止まらない。

大泣きです。

嫌な予感・・・


*****


そして、とりあえず行く支度しようと言ったら、

今日はもう行かない❗
1日じゅうマイクラしてる❗

って言います。

きた~!
「そうきたか~!」の瞬間です💦

usagi-company-lab.hatenablog.com


さて、どうしようか考えながら、娘を膝に乗せて何か言わなきゃ、と思う私😅

どういう方向で話すか?
とりあえず行くのは行く方向で。

・自分で行くって決めたんだから、約束守らなきゃ

・ゲームで大事なことが出来なくなっちゃうなら、ゲーム障害だよ、もうやらせないよ

そんな感じに話ました。

↑これは登校先が嫌な場合はあまりよい言い方ではありません。

理由が、学校が嫌だということが先にある場合は、心が休まらない、プレッシャーを与えるだけでマイナスになると思います。

娘の場合は、新しい学校に対して、どんな印象なのか、正直まだ私には分かりません。
だから、どうしようか迷ったんですが、

とりあえず行ける、という前提で話してみました。

そしたら、すんなり説得出来て、気が変わったようです。
自分で支度をはじめたので、

やっぱり行く気はあるんだ~と思ったのでした☆

嫌だ嫌だと言ってたら、無理に行かせられないかな?と思ったけど、そんなことは全くなく、登校することができたので、逆に私のほうがビックリでした。

*****

少人数の教室は、人数が少ないだけあって、教室の中ではみんなの席の間隔が十分あいています。

パッと見、はっきり言って全然楽しそうではありません。

コロナ対策としては有りがたいことですが、正直行きたいという気持ちになるのだろうか?と私は疑問でした。

平常時なら、ちょっとずつ会話しながらお友達を作ったり、先生と交流するのが楽しくなったら、

また行きたい❗となるのかな、と思いました。

だから、今の状態では、
やっぱり行きたくない、行っても楽しくない、って言い出しても仕方ないだろうと私が思っちゃう感じでした。

ところが!

娘の感想は、

イケメンがいた~!

と、見てるだけで楽しかったそうです😅

同じ年齢の小さい子がいないのですが、
大きいお姉さんも可愛くて優しいんだそうです。

憧れの人がいるっていうのも、通うための動機になるんですね😄💦

ちょっと不純かもしれないけど、この際なんでもいいです❗家族以外の人と交流できることが、本人の自信になるって先生もおっしゃってました。


という訳で、夏休み明けも通いたいと思ったみたいです。今のところ。


*****

今選択している少人数の教室は、
異年齢が同じ教室で学んでいます。

娘はみんな優しそうでいい!って言っています。
また、シーンとしてても、静かで勉強しやすい!と捉えているようです。

大人がいろんなタイプの人間がいるように、子供もいろんなタイプがいて、
いいと思うこともいろいろなんだなあ、と思います。

子供と言えば「こうでしょ」と、ひとくくり にステレオタイプ的に考えがちだと思いますが、

大半の子供は「こういうのが好み」だけど、違う人もいるよね、

そういうことを大人が理解して、サポートしていかないといけないなあ、と思います。

大人はみんな、昔は子供だったのにね。
昔とは時代が違って、いろんな事が異なるけれども、これから私達を支えてくれる子供たちが輝きながら育つように、いろんな環境、いろんな人間を受け入れていきたいと思います。