usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

ハムスター狂想曲

こんにちは!
うさカンです。

緊急事態宣言が発表された夜、我が家にも驚きのニュースがありました。

「わたし、ハムスター飼うの諦めた」

って突然娘が言いました。

あれだけお正月からあーだこーだして、

usagi-company-lab.hatenablog.com

っていうか、昨年から散々考えて、

ねずみ嫌いな私を説得して、飼うって決めたのに?!

理由は、

ハムスターの寿命が短いこと、
考えすぎて疲れちゃった、

とのことでした。

娘に、
自分の学校のことなど、これまでも重要な決定をしてきたじゃない?と聞いたら、

そういうことは、べつにやり直しがきくから大した決断ではないんだそうです。

でも、ハムスターは飼いはじめたらもう後戻りは出来ない、途中でやっぱりやめた、とは言えないから、難しい決断なんだそうです。

たしかに、人生、失敗したと思っても、何度でもやり直しができると思えば、いい人生になりそうだけど。生き物は、そうはいかないか。

そして一番考えるのは、やっぱり寿命の短さ。飼う前から死んじゃったことを考えて、

深く深く考えすぎて、疲れちゃったようです。

ハムスターを飼うって決められない、心の準備ができない自分にびっくりなんだそうです。


*****


私は、正直言って、ハムスターよりウサギが好きで、娘が「ママ見て見て〜」というYou Tubeのハムスターがたくさん出てくる映像を可愛いとは思えません😅
(ねずみがいっぱいで気持ち悪いと思ってしまう、ハムスター好きさん、ごめんなさい🙏)

でも、今年はコロナで自由がないから、お友達と遊ぶ代わりに暇つぶしになるかな〜と思って一匹なら許可しました。

でも、娘は決断出来なくて、
緊急事態宣言が終わったら、また動物公園に行って触れ合いたいって言っています。

そして、いったん諦めたはずなのに、
You Tubeを見ながら、やっぱり可愛いから飼いたいな〜と言い始めています。

飼うのはいつでもできるから、と言っています。エアーハムスターごっことして、空気を抱っこして見えないハムスターと遊んでいました💦

娘とハムスターに振り回された私達家族、まだまだこの先もどうなるか分からないなあ〜。


*****

ところで、
緊急事態宣言で、人の流れを止めたいという説明をニュースで見ました。
とにかくこの感染の多さを止めるには、人の流れを止めること、

それなら我慢しましょうか、と思います。
私は、わりと我慢は得意なほうなので、
なにも「今」やらなくても、もう少し感染者が落ち着いてからやればいっか〜と思うことがたくさん。

子供たちも、「今は我慢の時」って思っているようです。

でも、ディズニーランド7時までとか、映画館はやっているとか知ると、「?」という気持ちになります。

人の流れを止めたいけど、遊ぶところはやっているって、一体どう考えたらいいの?子供達になんと説明したらいいのかしら。
子育てする親は、迷うし悩みますよね。

選ばれた人だけ遊んでいいの?
我慢できる人はとことん我慢するの?
遊んだもん勝ちなの?
人の流れを止めたいんじゃないの?

私は、リスクを取りたくないから、羨ましいとは思いません。
我慢してるほうが心が落ち着くから自分で選んでこの生活ですが、

大人の矛盾を子供達はどう理解するのかしらね〜。

うちの娘が行きたいと言ってる動物公園の触れ合い広場もやってるみたいだけど、娘には伝えていません。当然やってないだろうと思ってるでしょう。

我が家にとっては、「ハムスター狂想曲」でしたが、なんか日本中が「コロナ狂想曲」のような気がします。
矛盾だらけで、理解に苦しむ、親は子供にどう教えていけばいいのでしょうか?
遊んでいる大人と、遊びを我慢する子供…
みたいに見えてないかな??

ま、それはそれとして、
なるべく安心安全に、できることを楽しみましょう!