usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

【気をつけて】子供の遠視とメガネ

こんにちは!
うさカンです。

我が家の夫婦、私が近視で夫は目が良いのです。
長女は私に似てしまい近視です。

次女が視力検査で引っかかったのは、幼稚園の年中さんでした。
よく見えてないようだったので、
「もう近視になっちゃったか〜」と思って眼科へ連れて行ったら、まさかの『遠視』でした。
思ってもみなかったのでビックリでした。


遠視というのは、遠くがよく見えて、近くが見えないという印象ですが、そうではなくてピントを合わせる力が弱いということなんだそうです。
しっかりメガネをかけて、ピントを合わせる力を伸ばしていかないと、弱視になってしまうそうです。弱視になると、メガネなどで矯正しようとしても視力が出なくなってしまうそうです。

だから、遠視は小さいうちに発見して、しっかり治療することが大切なんだそうです。


*****

我が家の娘は、たまたま幼稚園で視力が悪いことを発見してもらえてラッキーでした。
普段の生活で目が悪そうだとは気付きませんでした。

それでメガネをかけることになったのですが、健康保険組合から、2回分メガネ作製費用の補助があるそうです。手続きすると、購入金額の何割か戻ってきます。

視力はだいたい8〜10才くらいで成長が止まるそうなので、そこまでしっかり治療します。

だから、10才までにメガネを2回作ることになります。子供は顔の大きさも成長してくるので、枠も変える必要があると思います。

娘の場合は、最初、幼稚園の年中さんの時にメガネを作りました。長く小学校になってもかけれるように、赤ちゃんぽくないデザインにしました。でも子供用のかわいい赤いメガネを選びました。

f:id:usagi-company-lab:20210407113835j:plain

ところが、幼稚園を卒園してから、
「メガネが派手で恥ずかしいから、早く変えたい」というようになりました。

頑張って我慢して、ようやく2つ目のメガネを作ることになりました。

今回選んだのは、かなり地味色で大人っぽいメガネです。髪の毛も切ったので、かなりイメチェンになりました。
急に大人っぽく可愛くなりました。
本人も、やっとメガネ変えれたと大喜びです。

このあと、10才までメガネをかけることになります。視力は随分良くなったそうで、新しいメガネの世界がかなりクリアになったみたいです。よく見えると感動してました。

10才で裸眼に戻ったら、今度は近視になる可能性もあるそうです。

私と娘がいつも気にしている、ゲームと視力の関係について質問してきました。

視力というのは目の大きさ(奥行き)が決めるのだそうです。
ゲームをやっても、目が悪くなるとは限らないそうです。(ゲームをしなくても、目が悪くなる可能性があるということ)
目の休憩をはさんで、近くにも遠くにもピントを合わせることが出来るようにしたらいいそうです。

感心することに、娘は注意しなくても、自分でちゃんと目の休憩を入れています。

きちんと気にしていて偉いと思います。

子供の視力が悪いことに気付くのはけっこう難しいです。
産まれた時はあまり見えていないから、子供なりに慣れちゃってるんですよね。

でも、きちんと見てあげて、あやしい場合は早めに眼科で検査してもらうことをおすすめします。