usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

晴耕雨読と人生の休憩

今週のお題「雨の日の過ごし方」 (先週のお題?)

こんにちは!
うさカンです。

雨が降ると、なんとなく気持ちが沈みがちな更年期世代…

私の更年期は、今のところ、体温調節が出来ないとか、イライラ怒るとか、そういうことは全然ないのですが、

頭がフラフラする感じと、気持ちの浮き沈み(不安感)、疲れやすいみたいなことはあります。

正直言って、これが更年期のせいなのか、よく分からないんです。私は、数年前に子宮を取ってしまったので、生理がないのです。
楽チンでいいのですが、自分の体の変化が全く分かりません。実感がありません。
閉経年齢も分かりません💦


まあ、理由は何にせよ、休める時にはゆっくりすればいいだけの話。

コロナで雨で、となれば、お家でゆっくりのんびりしてれば、お金も使いません😅

そんな日には、ブログの記事を書き溜めたり、本を読んだり、たまっているテレビの録画を見たり、贅沢な時間を過ごしています。


*****

こんな更年期=人生の休憩時間を過ごしていると、なんだか不登校の子供と似ているな〜なんて思うことがよくあります。

私の場合は、周りの人はみんな働いているのに、自分だけお家でのんびりしていて、なんだか申し訳ない気持ちです。

きっと不登校の子供も、
みんなは学校で頑張っているのに、自分はなんで出来ないのだろう…と悩んで病んでしまう子もいると思います。

とっても気持ちがわかります。


でもね、きっと誰の人生にも、一度や二度は、休憩する時期があって、そういう時には心からゆっくり休んでいいんだと思う。

人生はいつも順調なことばかりではなくて、
お天気のように、いろいろと変化するんだと思います。

だから、雨の日には雨の日なりの賢い過ごし方を見つけたらいいんじゃないかな?なんて思います。


*****

さて、私が手術をした頃には、
手術さえ終われば元気になる!と思っていました。
まさか、こんなに自分が疲れやすくなるとは思ってもみないことでした。

もちろんコロナのことも、想定外の出来事です。


でも、実際に自分が更年期世代になってみると、

「人間ってこうやって少しずつ老いていくんだな〜」なんて、しみじみと思ったりなんかして。

本当に、10年、20年前の自分との違いにビックリします。

そして、こうなってみると、人生をもっともっと大切に生きていかないと!と思うのです。

夫との生活も、家族との生活も、あと何年続くのか、誰にも分かりません。
考えたくはないけれど、突然終わってしまうことだってあり得ます。年々その確率が高くなっていく訳です。

そう考えると、なんだか言い争いしてる場合じゃないような気がしてきます。
もっともっと今のうちに家族を大切にしておかなければ!なんて大袈裟に考えるようになってきました。(もともとそういう風に考えるタイプなんですけどね)

更年期って、そういう大切なことに気付かせてくれる、大事な人生の変化の時なのかな〜。

不登校の子供は、何か大切なことを先取りして悟るのかもしれないですね☺️


なんにしても、とにかく先のことなんて分からないのだから、あまり先のことを心配し過ぎず、

今を大切に、今日が幸せであればいいですね。
その積み重ねが人生になるんでしょうね。