usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

ライブハウスに行けないから

こんにちは!
うさカンです。

先日、私はインスタライブに参加しました♪

ameblo.jp


それがとてもよかったので、ちょっとお話したいと思います。

トークライブをしてくださった祐日さんは、不登校10年、その間に起立性調節障害も経験されています。

そしてトークの中で、今までの人生をいろいろ教えてくださいました。

今回は、我が家の次女も一緒に聴いていたので、なんか心に残っただろうと思うと私としてもとても嬉しいです。

うちの娘はあまり本を読まないので、祐日さんのトークが伝記本を1冊読んだくらいの勉強になったと思います。

そして最後のほうには長女も来たので、みんなで最後の曲を楽しみました。

*****

どの曲もとても素敵なのですが、この「君へ」という曲もとても素敵だな〜と思ってYou Tubeをあさっていたら、ちょっと昔のライブ動画がありました!!
トークの内容は少し違うこともあったけど、こちらもとてもいい!と思ったので、シェアしたいと思います。是非トークと音楽の両方を聴いてみてください😍


www.youtube.com


祐日さんが、こんなに素敵な曲を作るのは、きっと人生経験がいろいろあったからだと思います。

不登校でも大丈夫だよ、というよりは、その時期があったからこそ、様々なことに気付いて感性が磨かれていったのだと思います。
そして将来の目標として、こういったメッセージを伝えていこう、と思われたのだと思います。

トークライブを聴いてたら、けっして平坦な道ではなかったことが伝わりましたが、その頑張り、頑張りすぎないように調整できるようになったことも含めて、やっぱり経験が物を言ってるのだと思いました。

人間は実はみんな自由で、人生を自由に選んでいいのだと思います。

義務教育と言ったって、そんなの神様が決めたんじゃなくて人間が決めたことだから、どうにでも変えていいんだと私は考えます。

どうにもならないことも、もちろんあるけれど、その中で自由に選べることも実はいろいろあるんじゃないかと思います。

そして、どういう道を選んでも、自分で選んだ道は充実してるんじゃないかな?

それがあっているかどうかは、過ぎてみないと分からないけど、よく考えて、その時のベストを選んでいるんだから、しょうがなかったよね、と笑って話せる時が来るのかもしれないね。


*****

今、コロナの医療体制がとても心配で怖くなっている方も多いと思います。
救える命が救われないなんて考えたくないですよね。

でも、そもそも私たちの命、寿命って知らないで生きてるんですよね。

それだけは誰でも平等で、お医者さんから寿命を伝えられても、違う長さになることもあるし、事故とかで突然亡くなることもあります。

私たちは普段目にしてなかっただけで、理不尽な死はいっぱいあったのでしょう。

受け入れるしかないことも沢山あるのでしょう。

私はそう考えると、少し落ち着くことが出来ました。

外の危険を考えたら外には出れないし、家にこもっていても自然災害や地震が来るかもしれないし、絶対安全なんてもともとなかったんですね。

私たちは毎日生きてるだけで、すごい勇気を持って判断しながら暮らしているのだと分かりました。

ここで私たちに何ができるのか、もう一度冷静に考えないといけないのかなと思います。

私たちはトイレットペーパーがないと思うと買い占めに走るし、マスクがないとなると転売するし、とても危機に弱いです。

たぶん人間ってほっとくと、いつでも大騒ぎして焦るようになっているんだと思います。

でも、ここは一度落ち着いて冷静になり、
自分のベストを探していくしかないと思います。

焦りや心配は、ストレスになって免疫力も落ちちゃうし😱

祐日さんを見れば、どんな道を選んでも大丈夫だと思えるから。

何度も何度も聴きながら、私はどうしたらいいんだろう、私に出来ることはなんだろう、と考えています。