usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

不登校を肯定する

こんにちは!
うさカンです。

最近の娘(不登校、9才)は、相変わらずコロナウイルスが怖くて学校には全く行っていません。

毎日同じような日々ですが、生きてるだけで子供にとっては学びだなあ、と感じています。

その様子、最近はラジオでおしゃべりしています。
よかったら聴いてみてくださいね^_^

stand.fm

stand.fm

stand.fm

stand.fm

*****

今学期はパソコンが配布されて、どうなるかな?と思っていたのですが、担任の先生にいただいたメッセージにまだお返事していません。

何度かやり取りしたのですが、どんどん間隔が開いています💦

せっかく先生が時間を作ってくださったんだから、と思って、早くお返事できるようにと初めは頑張ってみたけど、どうやらお返事がすすまないみたいです。

こだわりの娘は、お返事ひとつにも適当には出来ないみたい。

頭の中ではいろいろ考えてるようなので、様子を見ることにしました。

たぶん先生も今は忙しい時期だと思うので、そんな感じでちょうどいいのかな〜なんて思っています。

日本の担任制度は、先生ひとりで何役もやらなきゃいけなくて大変だと思います。

もう少し間にカウンセラーさんやコーディネータさんが入って、生活相談とか勉強レベルとか、いろいろ調整できるといいと思うんですが。

そして学校に選択肢を!といつも思っている私ですが、現場は忙しすぎて、そんなことには手を付けられない感じも受けています。

なので、ゴールはゴールとして、とりあえず親ができることは家庭でやっていこうと思います。

不登校でも登校でも、今の学び方の参考になれば、と思って、学びのヒントを情報公開、交換、共有できたらいいな、と思います。