usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

自分の人生は、自分でゆっくり考えたい

 こんにちは!

うさカンです。

 

起立性調節障害という病気になると、体だけではなく、心もとても混乱してしまいます。骨折のように目に見える怪我なら、支えやすいと思うのですが、起立性調節障害の場合は症状が多彩で、波があるので、本当に理解しにくいと思います。

その上、理解されずに常に緊張したり頑張り続けていると、さらに自律神経が乱れて重症化してしまいます。

また、嫌なことを見聞きすると症状が出るという特徴もあって厄介です。

 

 

news.yahoo.co.jp

 

体調が悪いということは、とてもブルーになるし、やろうと思うことが全然うまくいかないストレス💧

それなのに頑張って自分と戦って、なんとか生きてるんですよね。

 

少し前ですが、久しぶりに起立性調節障害の親の会に参加させてもらいました。

 

重症のお子さんを持つお母さん、お父さんばかりが集まっていたように思います。

特効薬も、裏技もなく、ただメンタルがくじけないように支えてきた先輩方の話を聞いて、本当に待つしかない病気なんだな~と思いました。

そして、みんなおしゃべりしながら涙がこぼれてくる…

辛い子供たちを見ているのは、親の方もとても辛いです。

そこを、毎日楽しく無理なく過ごす知恵を、みんな少しずつシェアして、なんとかまた明日から頑張ろう(頑張りすぎない)と思うのでした。

育児とか、看護とか、介護とか、長い間人を支えるということは、とても大変で難しい仕事だと思います。

 

それでも、自分の人生は自分で作っていこう!

やっぱり親も子も、両方ともそれぞれの人生も大切にしようね、せっかく生きてるんだから…

出来ないことも多いけど、出来ることもあるはずだから。

 

そう考えながら帰りました。

主催者さん、いつもありがとうございます。