usagi-company-lab’s blog

我が家の不登校日記です。最近は教育と社会問題に興味があります。どうぞよろしくおねがいします♪

寛容な心と、多様性のある社会

今週のお題「やる気が出ないときの◯◯」

 

こんにちは!

うさカンです。

今日は左耳が痛くて、歯痛からくるのか、天気痛からくるのかよく分かりません。

私は寝てる間に歯を食いしばる癖があり、昔はよくストレスで顎関節炎になっていました。今でも奥歯がすり減りガタガタになってしまい困っています。

 

そんな本日はやる気がなくて、のんびりソファで読書中です。

やっぱり読書の秋が好き♪

 

そして合間に洗濯したり、You Tubeを見たりしていて、ブログも書きたくなりました。

お昼ごはんは、娘がおにぎりを作ってくれています。

おかずは残り物!!

 

やる気がない日の私は、ダラダラする!

(ダラダラしながら出来ることを…)

 

*****

 

さて、本題です。

我が家の娘は不登校で、おうちでホームスクールをしています。

この生活が長くなってきて、私はほんとにこの状態が教育上「いい」と思っています。

娘のこの感覚に誇りを持っています。

私が昔感じた、小学校の寛容力のなさ、そして多様性を認められない感じに対して、

娘は「NO」と言っているのだと思います。

 

私は寛容さがあり、多様性のある教育を経験したことがあるから、

今の小学校の様々なシステム、ルール、状態に違和感しかありませんでした。

 

だから、親子共々、やめてしまったのだと思います。

 

この学校のきちんとした感じを求める保護者が多いから、うまく回っているように見えるし、何も知らない子供たちが学校で楽しんでいるのだと思うのですが、

 

このままではだめだよ、と気付いてる大人は実は沢山いると思います。

子供たちの主体性を育てること、個性的でもオールマイティじゃなくてもいいこと、それぞれがバラバラだからこそ多様性を受け入れることができる…

 

いろんな事に気付いて、なんとかしないと…と思っている人がいます。

 

一方で、そこまで深入りせず、諦めちゃっているように見える人も多いですね。

 

根本的にスタートの小学校の在り方が変わらないと、不登校は減らないと思います。

不登校のほうが、自主的に深く考える時間を与えられるとしたら、ちょっと皮肉な気がします。

 

別に、いろんな人と混ざらなくても、交わらなくてもいいと思います。

ただお互いに尊重しあえて、否定しないこと、それがみんなの居場所を作るのだと思います。

はみ出す人に配慮できず、結果的に追い出すような学校では、一生多様性を理解できないと思います。

そして未熟な考えの大人が増えていく。

単純で自分で考えることができない人は、

素直に従う指示を守るいい人だから。

それが本当に正しい方向性なのかどうかなんてどうでもよくて、目立たないことが処世術。

そんな子供を育てる教育で、本当にいいのでしょうか?

 

*****

多文化、多様性についての記事は沢山書いてきました。

もし興味のある方は、是非タイトル下の「多文化*多様性」のところをタップしてみてください。

よろしくお願いいたします!

 

参考資料

 


www.youtube.com