usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

ママのお腹に忘れてきたもの

こんにちは!
うさカンです^_^

先日、次女がこんなことを言っていました。

「私の勇気をママのお腹の中に忘れてきちゃったみたい」

面白い発想だなあ〜☺️と思いました。


娘は昨年の秋から、ずっとハムスターが大好きで、飼いたいと言っています。

毎日ハムスターの動画を見たり、週末にはペットショップに観察に行ったり、用品を研究したりしていて、もう準備はとっくに万端なのです。

でも、どうしても飼う勇気が出ないそうです。
ハムスターは寿命が短いので、その覚悟が出来ないようです。

それで、勇気を忘れてきたと言ったみたいです💦


*****

次女は学校に行っていないし、習い事もしていません。

何か好きなことや頑張りたいことがあれば、
このコロナ禍でももっと楽しくなりそうな気がします。

でも、それを無理矢理見つけようとは思っていません。
娘が自発的に何かをやってみたい!と思う時がくるまで、ゆっくり待とうと思っています。

毎日様々な情報に触れながら、なにか「やってみたい!」という日が来るまで「待つ!」

これを学んだのは、長女の子育てと病気療養でした。

このブログでも、
「長女の体調がなかなか良くならなくて、毎日出来ることが少なくて、暇だけがあって何も楽しいことが見つからない…」

そんな娘が可哀想で可哀想で、その様子を書きました。

あの頃は、
「ママ助けて〜」
「ママ暇だよ〜」
「ママ何したらいいの〜」

って感じで、うんざりするほど聞かされていました。

その都度、
「これしてみたら?」
「あれしてみたら?」
と返すのですが、

結局あんまり楽しくないし、
集中力もないし、続きません。

ティーンエイジの子供の楽しいことなんて、昭和なオバサンにわかるはずがなくて、ちっともいいアイディアがありませんでした💦


*****

そんな長女が変わってきたのは、
たぶん少し体調に変化が出てきたからかな。

いつも具合悪かったのが、
たまに調子のよい時も出てきた。

そして、やっと自分が夢中になれるかも?ということに出逢ったようです。

道具(アイパッドとアップルペンシル)を手に入れたことで、それが加速してきました。


それは、私が見つけたことではなく、私が提案したことでもない。

娘が試行錯誤を繰り返し、たっぷり時間を使って、苦しい時間を乗り越えて見つけたことでした。

そんな経験をしてきたので、

次女に関しても、結局は自分で見つけたことが一番だな〜と思って、焦らずに「やりたい!」という言葉が出るのを待とうと思っています。


何がきっかけでどうなるのか、想像もつきません。でも時間はたっぷりあるので、
自分の好きなこと、
自分の居場所を見つけて欲しいな〜と思います☆


*****

ところで、この週末は、家族4人で久しぶりに遊びました。

次女がずーっとやりたいと言っていた、

Among Us という人狼ゲームです。

Among Us - Wikipedia


こちらのゲームは、スマホなどから無料でダウンロードできるみたいで、娘は毎日このゲームの実況動画を観ていました。

一人1台のデバイスとアプリのダウンロードが必要なので、もうそこからめんどくさい。

ゲームが苦手な私は、何度娘のゲーム解説を聞いてもちんぷんかんぷんだし、とにかくやんわりと逃げていました😅

もうマイクラマリオメーカーだけで、いっぱいいっぱいの私のゲーム脳。かなりキャパ狭めです。


それでも、娘のモチベーションが下がり気味だったので、仕方がなく付き合ってみることにしました。

いやいや始めたものの、
あら意外、やってみたら、なんとなく人数合わせになりました!

ママ意外と出来るじゃん!と娘たちも喜んでくれて、なんとか楽しく遊ぶことが出来ました。

とにかく次女が大喜びして元気いっぱい大興奮だったので、よかったです。

私は半分も分かっていないと思いますが、それでも何度か勝つことが出来ました♪


次女は、
夢がかなった✨
頭使うから楽しい❗

と言っていました。

このゲームは、4人以上じゃないと出来ないゲームなので、しばらくは週末のお楽しみになりそうです☺️

私は下まぶたが痙攣するほど疲れてしまい、週末だけで助かった〜っと思ってます。

娘はまだ物足りないようですが…