usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

日本人の脳と子育て

こんにちは!
うさカンです。

自分のダメなところ、うまくできないところ、
なんでなんだろうと落ち込むことありますよね。

そんな時、私は脳科学の話を聞いて、納得することがあります。


www.youtube.com


日本人に多い脳のタイプは、おそらく大昔からの日本人の生活の結果で、それは地域に根付いた特性で、それが合理的だったのでしょう。

ところが現代では、世界中の人に同じような食べ物、情報、生活環境が流通していて、いろんな地域の特徴がなくなってきました。

どこでもなんでもできる時代。

なのに、私たちの脳は、変わっていないんですね^_^


*****

日本人の脳は、心配性なんですね。
農耕民族は、計画的に細かい作業を重ねて生きていかなければ食べていけないですもんね。

ところが、私って、そんな日本人っぽくないな〜と思いました。

私はとにかく「ぶっつけ本番」タイプ。
子供の頃からそんな感じでした。

不安で心配だからしっかり練習してピアノの発表会に向かう、なんてことは一度もなく、

練習はそこそこなのに、本番でこれだけ出来たんだからよかったよかった、と満足して終わるタイプ😅
だから、あんまり上達しません💧

そんな私が子育てしているから、
あんまり過保護にはならなくて、
子供たちもぶっつけ本番でいろいろ経験してきな〜!って思っていました。

ところが、周りのお母さんたちは、とっても細かい。子供の全てを事前に準備してるんです。

忘れ物しない、宿題もしっかりさせる、学校で失敗しないように準備する…

だから、うちの子ばっかり失敗していたかもしれません。可哀想でしたね。

でも、長い人生を生き抜く力はできたんじゃないかな。


*****

というわけで、
最近、私がいいと思う子育てについて書いてますが、
私の思うような子育てが出来ないのが日本人なのかもしれません。
そういう脳ミソの仕組みなんですね。

そういう事実をとりあえずそのまま受け入れれば、
出来ない自分を責める必要はありません。

その中で、少しずつ自分が苦手なことを取り入れていけばいいんですよね。

私は、もう少し「行き当たりばったり」にならないように学んでいかなければいけません。

自分と同じタイプ、違うタイプ、
それぞれ良いところもマイナスなところもあると認めて、なるべく違うタイプの良いところから学んでいきたいと思っています。

そうすると、自分の生活が少し楽になるかな。


*****

ところで、新聞にコロナ変異株は今までの対策をしても感染力がすごいと書いてありました。

私は、これまできちんと対策してれば大丈夫だろうと思ってきました。

私は、何でもかんでも、素直に信じてしまい鵜呑みにしてしまうほう。
疑うことがとても苦手です。

マスコミのやり方、デマや詐欺などに気をつけなければ…と何度も思います。

でも、やっぱりそういうニュースを聞くと怖くなってしまいます。
いろいろと心配。

都内に通勤する夫が心配。

娘がコロナ怖いと言ってくれててよかったのかもしれない。

心に心配と不安を抱えると、呼吸が苦しくなる気がして、とにかくゆっくり深呼吸を繰り返しています。

そして動物にたくさん癒やしてもらっています♪

f:id:usagi-company-lab:20210427232205j:plain