usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

お母さんが夏に手術した❗メリット、デメリットをお話します

こんにちは😃
うさカンです。

私は二人の子供がいるお母さんです。この夏に手術をしました。「夏に手術を決断した」私が感じたメリットとデメリットを書いてみようと思います❗

私が手術が必要と診断されたのは、今年の4月の後半でした。


ある日 珍しく子供たちが「おばあちゃんのお家に遊びに行きたい」というので、金曜日の午後に出発しました。
私の実家は車で一時間前後。
運転が苦手な私は、出来れば運転したくない距離なのですが、せっかく子供たちが行きたいと言うし、特に長女は車以外は外出が難しい体調なので…

その頃の私はすでにとても疲れやすくて、その日もしばらく横になり休憩してから出掛けました。

そしたら、運転してる途中でだんだん吐き気がやってきて😣
到着したらすぐに吐いてしまいました。

自力で帰るのが無理になっちゃったので、一泊して、翌日に夫に電車で迎えに来てもらい、運転してもらってみんなで帰りました。

帰宅した日の深夜に、今度は失神してしまい、

これは病院に行かないと❗

と自覚して、病院で検査してもらいました。

結果は、重度の貧血で、原因は子宮筋腫でした。

今考えると、頑張って運転して出掛けた先で、途中で失神しなくてよかった~😣と思っています。

*****

子宮筋腫の治療は、リュープリンというホルモン注射をして、筋腫を小さくしてから手術になるそうです。
手術の予約もいっぱいだったので、最短で7月上旬になると言われました。

7月まで待つのなら、夏休みに入ってからにしよう、そしたら子供たちのことも楽かな?と思って、手術は8月1日になりました。
入院は1週間弱と決定しました。

夫もお休みを取れることになり、学校の問題も考えずに過ごすことができて、ベストな選択だと思いました❗

*****

選択としては、ベストだと思っていた今回の入院、意外なところにデメリットがありました。

それは「暑さ」でした。

今年の夏も酷暑でしたね😣
我が家は一軒家で、日当たりがいいほうだと思います。

なので、冷房している部屋はいいとして、それ以外の部屋は暑くて暑くて💧

退院してからは、洗濯や掃除するのに暑い場所へ。
キッチンも火を使うと暑い。

手術後はお腹がゆるかった私はトイレにもしょっちゅう通っていて、地獄でした😭

退院後の生活で、子供たちのことや ごはんのことなど、いろいろ想像していましたが、この暑さにぐったりということまでは考えていませんでした💦

普通に生活してても疲れる暑さ、術後で体力が落ちてるところには辛くて…😣

いまだに復活できていない感じです。

しかも、子供たちはせっかく夏休みですが、何もレジャーを楽しむこともできなかったのは、残念だったな~と思っています。

そんなところが、デメリットだったと思います。


*****

今日は私の病院の日で、術後の経過は順調でした😊

ただ、どうしても更年期症状(注射の副作用)に悩まされて、とにかく夜中に目が覚めたり眠れないのが辛いので、

漢方薬が効いてなさそうだということで、

ホルモン治療をやってみることになりました。

私が受けていたリュープリン注射というのは、ホルモン値を下げる治療をしていたので、今度はホルモン補填の治療をするそうです。

これが効いてくれたら、普通の体調に戻ると期待したいと思います。

ちなみに、現在は貧血の症状がなくなった分、家事はしやすくなっています。

*****

以上、夏の手術のメリット、デメリットについて書いてみました。

いろいろあったけど、子供たちも親も、熱が上がるような風邪とかはなかったので、それはとてもよかったと思います。

私も手術前後はずっとマスクして感染予防していました。暑かったです😅