usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

人と違うことを受け入れる

こんにちは!
うさカンです。

読まなきゃいけない本があるのに、
どうしても皆さんに伝えたいことが頭に現れてしまい離れないので、先にブログを書くことにしました😅

よかったら、今日もお付き合いよろしくおねがいします。

私がアメリカにホームステイしていたのは、高校2年生の夏から1年間でした。

ちょうど今の娘と同じ年齢だと、最近気が付きました。

もう30年も昔の話なので、今のアメリカの様子とは違うことも沢山あるでしょうね。


私が通っていたのは、現地の公立高校。

国語(英語)は、1学年下のクラスに入りましたが、それでも難しかったです。
特に長い物語とか、シェークスピアのような古典英語なんて、全然分からなくて、週末に数ページ読んでくる宿題なんて、丸一日かけても追いつきません💧
今ならグーグル翻訳で、チョチョイのチョイだわね。

数学とか物理なんかは、文章題で難しいのもあったけど、基本的には数字の話だし、日本よりレベルが簡単だったので、割とどうにかなりました。授業中におしゃべりばかりしていて、先生に怒られたなあ。

社会は地理を選択したので、そんなに難しくなかったかな。
そもそも地理なんて苦手だったけど、日本のことはクラスで一番分かりました。(当たり前!)

そして、他には何のクラスを取ってたっけ?
もう忘れちゃったけど、

私が一番苦手な体育は、バドミントンを選択したので楽しかったです。
ただラリーを楽しむだけ!
日本の体育では運動神経がなくて何をしても嫌になる私だったのにね😂


*****

アメリカの学校にも、ピラミッドのように、
イケてる子とそうじゃない子がいました。

だいたいイケてる子は、アメフト&チアリーダーの子たちで、いわゆる学園ドラマ的なキラキラした感じです。

でも、そこには魅力を感じない子とか、違う興味を持っている子も沢山いました。

私が一番仲良しだった子は、中国からの移民2世か3世の子と、お化粧してない優しいアメリカ人。アメリカ人と言っても、もともとは移民だろうし、どこの血筋なのかは分かりません。

あとはよく、中国コミュニティのパーティーとか、留学生のパーティーにも呼んでもらいました。
珍しく日本語のクラスがあって、日本人の先生がいらっしゃる高校だったのですが、特に日本人はいなくて、日本コミュニティもなかったです。

あとは私はバレエを習っていましたが、そこにはアジア系の人は誰もいませんでした。


私がアメリカで学んだことは、
「人類はいろいろ」ということでした。

今になって思い返してみると、
頭髪のカラーは何色もあるし、
変えてる人もいるから、もともと何色なのか分からないし、肌の色もいろいろ。

血筋もいろいろ。そこに差別や偏見もあったけど、どんな人も「自分にプライドを持っている」ように見えました。

例えばお化粧をしていない友達は、それに興味ないということを何とも思っていなかったし、自分の意見を堂々と話してくれるし、引け目みたいなものがないんです。

それがみんなそんな感じに見えたので、
違いがあるのも当たり前、考えがいろいろなのも当たり前で、その上でそんなことを気にせず「それぞれのイイと思う人生を謳歌している」

そんな風に見えました。

アメリカ生活はすごく大変だったけど、
そういう風土に癒されたこともあったかもしれません。


*****

私がこういう体験をして、
そのあと四年制大学にも進学させてもらって、
そして後に専業主婦になったと言うと、

教育費が勿体なかったとか、キャリアを無駄にしたとか思われるかもしれません。

でも、私はそんな風には全く思っていません。

私はこういう体験をしながら、ずーっと専業主婦をしてきて、それだからこその目線、感じることがあるのです。

私にしかこのブログは書けないと思っているし、自分にしか出来ないことをやっているということは、金銭以上の喜びです。

生きていて本当に楽しいです😆


私の子供たちは、今苦しい思いをしてるから、
「この経験がきっと役に立つよ」と直接言えないけれど、私はそう思っています。

だって16才だった私が、30年後の自分の役に立つなんて思いもしませんでしたから。


でも実際には、自分の目で見た「人類いろいろ」ということが、腹の底から理解しているという体験に助けられてきました。

私がどんな体験をしても、自己肯定感が落ちないのは、この考えがいつもベースにあるからだと思います。


みんなと一緒じゃなくても、
みんなと同じことが出来なくても、

自分がイイと思うこと、イイと思う道で
自分らしく生きていけばいいんじゃないかな?

それが自分にしか考えつかないこと、
自分にしか出来ない何かに繋がっていくと思います。

もしも私のブログを良いと思ってくださる方がいたら、

どうしてオリジナルな人生でいいのか、ということを理解してくださるでしょう。

みんなと違うことが、あなたの生きる喜びになる時が来るでしょう☺️

あれもこれも、人と違うことを積み重ねると、
「あなたにしかない素敵な人生」の出来上がり✨

だと思います。
そう思えばいいんじゃない??