usagi-company-lab’s blog

最近は教育や社会の問題に興味があります。どうぞよろしくお願いいたします。

四十肩と腱板損傷

こんにちは。
うさカンです😀

最近、私のブログを書く時間とアップする時間の都合で、昨日の話を振り返って書くことが増えてます💦
まあ、今日のことでも昨日のことでも、1週間前のことでもいいですよね。

というわけで、また昨日の話です。

昨日は、午前中に整形外科、午後から整骨院に行ってきました。

午前中の整形外科では、先日のMRIの結果を聞いてきました。

結果は、骨と筋肉をつなぐ腱に傷がある、でも損傷や断裂ではないから手術しなくていい、時間がかかるけど、自然治癒していくだろう、という診断でした。

腱板損傷や断裂の場合は、腱板が切れて修復できず、時間とともに亀裂が大きくなってしまうので、

それだったらどうしよう〜と、とても不安だったので、とりあえずホッとしました。
(四十肩だと思ったら、腱板損傷だったということがあるそうなので、MRIで確認しました)

でも、筋肉に傷がつくより腱の傷のほうが治るのは大変だから、しばらく痛みは続くと言われました。

分かりやすく説明すると、アキレス腱断裂ではなく、腱鞘炎だった、というイメージのようです。

そして、今後の治療方針を変える必要はなく、引き続き整骨院で同じ治療してもらうことでよいと言われました。

*****

ネットで検索してたら、五十肩に効く漢方薬というのが市販であったので、帰りに探して買って帰りました。

そして休憩して、今度は午後から、いつも通っている整骨院に行きました。

こちらの先生は、あまりに治らない私の肩を心配して、整形外科に紹介状を書いてくださいました。

なので、今度は整形外科からの報告を持って行きました。
解説は、重症の四十肩(肩関節周囲炎)ということでした。
MRIで白く石灰化してる部分があり、あまりにも肩が痛くて動かしていないから、肩が硬くなってしまっているとのこと。それでまた痛みが増すという悪循環。

整骨院では最先端の電気治療(スーパーライザー、ハイボルテージ、マイクロカレント)を受けていて、普通の四十肩なら、この積極的な治療により1~2ヶ月で治るのに、私の場合はまだ痛みがひどいので、重症だそうです。

本当に痛くて、寝返りするたびに目覚めるし、
普段の生活もやる気がしなくなってきたと話しました。

そしたら、痛みで常に交感神経が活発になっているんだろうと、星状神経節照射もやってくれました。
これは喉にスーパーライザーを当てるのですが、自律神経の副交感神経を優位にして血流を良くし、自然治癒力を高める効果があります。

いろんな治癒で手をつくし、とにかく痛みを取るように頑張りましょう!ということでした。


*****

私は、昨年の子宮筋腫手術後、あまりにも体調が悪くなってしまったので、もう手術は恐怖、嫌でした。手術してもすぐに良くなるわけではなく、リハビリもセットですし。

しかも、せっかく順調に動き出した不登校の娘のお世話を出来る人がまたいなくなっては困ると思っていました。

だから、とりあえず手術じゃなくてよかったです。

でも…
痛みはまだしばらく続くのでしょうか。
痛みが続く生活は、だんだん自分の意欲がなくなってきます。スムーズに出来ないことが多すぎだし、殴られ続けて反撃出来ない気分💧
最初は、負けてなかったんだけど、だんだん諦めになってくる感じ…

とりあえず出来ることは全部やろうと思って、
整骨院の治療と漢方薬の効果を期待したいと思います。

数年前、夫が四十肩だったとき、あまり真剣に心配してなかった私。
今になって、ごめんなさいの気持ちだわ。

痛みも病気も、なってみないと分からないもんですね。